24時間 予約アイコン LINEのお問い合わせアイコン
24時間 予約アイコン
LINEのバナー 電話のバナー
えがおアイコン

ベートーベンもピカソも頭痛もちだった!?敏感な人ほど頭痛になりやすい

2022.03.22

名だたる偉人も頭痛もち!?脳のセンサーが敏感なことで

起こる慢性頭痛

頭痛にも様々なタイプがあり、慢性的に起こる片頭痛や緊張型頭痛、群発頭痛などのいわゆる慢性頭痛と、くも膜下出血や脳腫瘍など重篤な病気の一症状として現れる器質性頭痛があります。

片頭痛や緊張型頭痛などの慢性頭痛が起こる原因に、「脳が敏感」であること、「脳の異常な興奮」があることが最近の研究でわかってきました。

慢性的に頭痛が起きる人の脳は、生まれつき敏感な性質を持っていることが多いのです。そして、そのこと自体は悪いことではありません。脳のセンサーが敏感ということは、脳の働きが良すぎるということ。度を過ぎると危険信号として頭痛や不快症状につながりますが、能力や才能としてプラスに働く側面もあります。

例えば、ベートーベンやピカソ、夏目漱石や芥川龍之介も、その作品から頭痛もちだったと推察されます。

ただし、放置すると、より脳が敏感になり痛みを起こしやすくなってしまうため、注意が必要です。